WORDの応用

図形を使う

  • 資料は文章だけが書かれているよりも、図形などをうまく使った方が理解されやすくなります。
    WORDには様々な図形が用意されているので、それらを使えるようになりましょう。
  • 図形を使うには、下のように「挿入」タブの「図形」ボタンをクリックします。

  • 図形の一覧が表示されるので、使いたい図形をクリックします。
  • ここでは、練習として「角丸四角形」をクリックしましょう。

  • マウスカーソルが十字に変わるので、図形を書きたい位置へマウスを動かします。そこでマウスの左ボタンを押し、押したままマウスを動かします。サイズを調整し、良ければ指を離します。

  • 下のように図形が作られました。図形を選択すると、回転マークや丸マークが現れます。回転マークを動かすと図形を回転でき、丸マークを動かすと図形のサイズを変更でき、ます。さらに、この例では黄色い丸を動かすと角の丸さを調整できます。

  • 図形を選択しているときは「書式」タブが現れます。図形を加工したいときは、ここで色々な操作をします。
    赤線で囲っているところには、「図形の塗りつぶし」や「図形の枠線」といったボタンがあります。これらボタンの右にある下向き三角形をクリックすると、色々な加工ができます。

  • 下は加工した例です。

図形の削除や移動など

  • 図形を消したいときは、図形(または図形のフチ)をクリックして選択し、キーボードの「Delete」キーを押します。
  • 図形を動かしたいときは、図形(または図形のフチ)をクリックして、ドラッグします。「ドラッグ」とは、マウスで指を押したまま移動させることをといいます。
  • 複数の図形が重なって特定の図形を選べないときは、何かの図形を選択し、キーボード左端の「Tab」キーを押しましょう。「Tab」キーを押すたびに、選択している図形が変わります。

テキストボックス

  • 資料を作るときに便利なのが「テキストボックス」です。テキストボックスはポストイットのようなものだと思ってください。
  • 下はテキストボックスの例です。このテキストボックスはどこへでも動かすことができるので、自由にレイアウトできるようになります。

  • テキストボックスは他の図形と同様に、「挿入」タブの「図形」ボタンから選びます。また、テキストボックスには縦書き用と横書き用があります。

  • テキストボックスを選ぶとマウスカーソルが十字に変わるので、他の図形と同様に操作して、テキストボックスを作ります。
  • ボックスの中に文字を入力できるし、その文字に色を付けたりサイズを変えたりもできます。また、テキストボックスを塗りつぶしたり、枠線を消すこともできます。

図形の中に文字を書く

  • 図形を選択すれば、文字を入力することができます。

  • 慣れるのは時間がかかるかもしれませんが、色々組み合わせてレイアウトを考えると、下のような流れ図を作ることもできます。

画像を挿入する

  • Wordでは簡単に画像を使うことができます。「挿入」タブの「オンライン画像」をクリックします。

  • 下のような検索画面が出てくるので、例えば「病院」と入力して検索してみます。

  • すると、下のように色々な画像が表示されるので、使いたいものを選択し「挿入」ボタンをクリックします。または画像をダブルクリックするのでもOKです。
  • 通常はネット上の画像にも著作権がありますが、「Creative Commons (クリエイティブコモンズ)」と呼ばれるものは一般的に著作権が問題にならないか、一定の条件下で使えるものです。

  • Wordに挿入されたら「フチにある白ポチ」を動かしてサイズを調整します。「角にある丸」を動かすと縮尺を変えることができ、「上下左右の線上にある丸」を動かすと、その方向にのみサイズを変えられます。

情報科学