PowerPointでプレゼン資料を作る

今回の内容

  • PowerPointは、プレゼンテーションに使うソフトです。
    今回は、基本的な操作を身につけ、プレゼン資料を作る練習をします。

PowerPointの例

  • 下のサンプルは、管理会計の授業で使っているスライドです。
  • PowerPointでは、Wordのように文章を読ませるのではなく、見て分かりやすいスライドを作ります。
    そのためには、図形や表を用いたり、画像を入れたりします。PowerPointには、そのような作業を効率化する機能が色々あるので、うまく使えるようになりましょう。

PowerPointの基本

  • PowerPointを起動すると、下のような画面が表示されます。今回は新しくファイルを作るので、「新しいプレゼンテーション」をクリックします。

  • すると下のようにPowerPointが開きます。上部にはWordと同様に色々な機能を集めたタブが並んでいます。
  • 右側にある大きな白紙が「スライド」で、このスライドに箇条書きをしたり、図表や絵を挿入したりして、プレゼン資料を作っていきます。
  • 左側にはスライドの全体像を表示する「スライドタブ」があります。ここをクリックすると、右側に表示されるスライドを切り替えることができます。

操作の練習

  • 最初に表示されるのは「表紙スライド」です。ここには、タイトルや、日付、氏名等を入力します。

  • スライドを追加するには、下の矢印のように、「スライドタブ」の追加したい場所(スライド間の隙間)をクリックし、「Enter」キーを押します。または、追加したい場所をクリックしてから、「ホーム」タブの「新しいスライド」をクリックします。

  • 下のように、2枚目以降のスライドは1枚目とレイアウトが異なります2枚目以降は「内容スライド」で、上部にミニタイトルをつけ、下部に内容をまとめていきます
  • 箇条書きをすれば作っていけますが、それだけでは単調になるので、見せる工夫が必要です。WORDと同様に、色やフォント、レイアウトなどを工夫して見やすい資料に整えていきます。

  • 練習として、下のように作ってみましょう。
  • 本文3・5行目は字下げしています。箇条書きは階層になっていて、「字下げ」をすると、その行の階層を下げることができます。
  • 字下げするには、カーソルが行の先頭にあるときに「Tabキー」を押します。逆に「Shift+Tabキー」で、字下げを元に戻せます。階層を下げると、自動的に文字が小さくなったりします。

デザイン(背景)の設定

  • PowerPointでは便利な「デザイン」(背景)が用意されています。うまくデザインを選ぶだけで、立派な資料に見えるようになります。
  • 下のように、「デザイン」タブの左側に「テーマ」があり、右側にそのテーマで使える「バリエーション」があります。色々試して、内容にふさわしいものを選択しましょう。

  • 例えば、「テーマ」と「バリエーション」を組み合わせると、下のようにできます。

  • 一通りできたら、どのように見えるか確認します。
  • スライドショー」タブの「最初から」か「現在のスライドから」を選択し、実際にどのように表示されるか確認します。スライドショーではマウスホイールか左クリックで進行を操作できます。

  • 以上の作業を繰り返して、見てくれる人に分かりやすいプレゼン資料を作っていきます。

図形とテキストボックス

  • Wordと同様に、図形やテキストボックスを使ったり、画像を挿入したりできます。
    PowerPointはプレゼンのツールなので、こういう機能を使って見やすくするのが当然だと思いましょう。
  • 例えば、下のように図形やテキストボックス、画像を組み合わせます。

  • 図形を使うには、「ホーム」タブか「挿入」タブの「図形」を選びます。
  • 図形の中に文字を書きたければ、その図形を左クリックして入力すれば、文字が入力されます。

  • 文字を自由にレイアウトしたければ、WORDと同様にテキストボックスを使います。テキストボックスはどこにでも配置できるし、他の図形と重ねることもできます。

  • 画像を使うには、「挿入」タブの「オンライン画像」をクリックします。

  • 図形やテキストボックスなどの重なる順番を変えることもできます。重なる順番を変えたいときは、「ホーム」タブの「配置」ボタンの「オブジェクトの順序」で調整できます。

アニメーションの設定

  • プレゼンでは最初からスライド全体を映すのではなく、話すスピードに合わせて順番に内容を表示させます。その方が、聞いてくれている人の関心を、自分が今話している内容に向けやすくなります
  • アニメーションの設定をするには、「アニメーション」タブの「アニメーション ウィンドウ」をクリックします。

  • 下のように画面右側に「アニメーション ウィンドウ」が表示されます。図形にアニメーションの設定をすると、ここにそのアニメーションの順番リストが表示されます。
  • ここでは練習として、下のように三つの図形を作成し、それを動かしてみます。

  • 図形を作ったら、アニメーションを設定したい図形を選びます。ここでは、左上のテキストボックスから順番に設定してみましょう。
  • 対象を選んだら「アニメーションの追加」から使いたい効果を選びます。色々試してふさわしい効果を探しますが、動きが多すぎると見にくくなるので気をつけましょう。

  • 全ての図形にアニメーションを設定すると、下のようになります。各図形の左上にある数字(緑の線で囲っている部分)は、アニメーションの順番です。
  • また、右側の赤線部分には、アニメーション・リストが表示されています。このリスト内で上下へ動かせば(ドラッグすれば)、アニメーションの順番を変えることができます。

  • 箇条書きにもアニメーションを設定できます。設定するには、箇条書きのどこかをクリックしてから、「アニメーションの追加」で効果を選びます。
  • すると下のようになります。箇条書きは右側では「コンテンツプレースホルダ」という名前で表示されます。
  • 初期設定では箇条書きの階層単位で動くので、行ごとの順番は「12233」となっています。もし、全ての行を別々に動かしたければ、その設定をします。

  • 右側の「アニメーション ウィンドウ」で「コンテンツプレース」をダブルクリックし、出てきた画面の「テキスト アニメーション」タブをクリックします。
  • そして「グループテキスト」の設定で、「第2レベルの段落まで」を選びます。このレベルというのは、箇条書きの階層のことです。

  • すると緑線で囲っているように、行ごとの表示される順番が「12345」と変わりました。

保存

  • 保存する際は、「ファイル」タブの「名前を付けて保存」を選び、「参照」をクリックします。そこで、自分のネットワークドライブを選択し、ファイル名を「3ケタ学番 氏名 0605」として保存しましょう。

授業内課題-授業中に作成し、メールで提出

  • 課題
    基礎セミナーで新聞の記事を選んで発表することになったとします。以下のリンク先は日本を代表する主要な新聞社の社説です。過去2週間の社説から一本を選び、それを説明する資料をPowerPointで作成してください。その際は必ず図形や画像を用いて、見て分かりやすい資料にしてください。
     - 読売新聞
     - 産経新聞
     - 朝日新聞
     - 毎日新聞
  • ファイル名 「3ケタ学番 氏名 0605」
  • 課題の提出先 kadai@kanrikaikei.net
    メールにファイルを添付する方法は「第1講 添付ファイル送信」を参照
  • 提出締切 6月11日(火)17時
  • PowerPointですること
     - 最初のスライドは表紙とし、記事の題、新聞名、日付、氏名・学番を書く
     - 記事の内容を説明するスライドを3枚程度作成する
     - 最後に、その社説に対する自分の意見をまとめたスライドを付ける
     - アニメーションの設定を行い、見やすい資料にする
     - 古くなった社説は削除されるかもしれないので、Wordなどに全文をコピーペーストして
       保存しておいた方が安全です
  • メールの内容について
    メールマナーに気をつけて作成し、本文には「今回の授業の感想」と「全8回の授業を振り返っての感想」を書く
  • 評価のポイント
     - スライドに説得力がある(社説の内容をしっかり伝えることができている)
     - 自分ではなく、見る人にとって分かりやすい資料になっている
     - メールを適切に送ることができている

学外から
見れるページ